Dyshow blog (技術情報+ect!)

エンジニアとしての技術情報と、経営目線からの四方山話をお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きわどい加工

DSCF1789.jpg
既存設備の改修で、写真の通りの取り外した部品へ追加工を施す(R部は既存)のですが、干渉が発生するのでご覧の通りの刃物の突き出しです。

SECOφ32ラジアスカッター 突き出し長さL=220
Z切込みD=0.5
S=500 F=400 加工時間13時間

内で一番長い刃物です。
単純な溝を掘り込むのですが、溝の最側面の加工時には丸駒チップの接触面積が最大になるためビビリまくりです。なので工具負荷一定のパスに作り直しました。
OneCNCのHSMツールパスで見事にビビリが止まり、スムーズに加工できました。
しかしながら掘り込み量合計「Z-45㎜」なので長時間の加工に・・・しかしながら面白いもので回転数を目一杯落としているせいなのか、チップの損傷はほとんどなかったのが発見でした。こんな事なら夜通しかけて帰れば良かった。。。。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。