Dyshow blog (技術情報+ect!)

エンジニアとしての技術情報と、経営目線からの四方山話をお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワークのはずし方

当社ではマシニングの前加工や、素材のひずみ取りで平面研磨を良く使います。
精度が上がるので重宝しているのですが、板状のものだと、電磁チャックに張り付いてしまって脱磁をするもなかなか外れません。
研磨済み面を下にして電磁チャックに貼り付け、片面を研磨すると、平面度がでている物同士(チャック面+研磨済み面)なので仲が良すぎてびったりとくっついてしまいます。
ワークに切り欠きや穴がある場合は、エアノズルをワークと吸着面の部分向かって吹き付けると浮き上がって外れる場合もあるのですが、無垢の場合は往生します。
横に(磁線と直角方向へ)滑らすと比較的傷も少なく動かせるのですが、やはり若干のキズは付いてしまいますね。
何か良い方法ってあるのでしょうか?

エアノズルに増幅(圧)のアタッチメントをつけて、平ノズルで強力な空気圧を吹き付けて浮かせようと画策中ですが、いまいち期待薄ですね。
妙案はないもんでしょうかぁ?DSCF1519.jpg
スポンサーサイト

コメント

ウチの場合

はじめまして、孫受けさんのブログからたどって来ました
通りすがりと申します。
私の勤め先では、電磁チャックからワークをはがす道具として
↓のような物を自作して対応しています。
http://bbs.avi.jp/photo/28601/29893665
画像を見れば一目瞭然、説明不要、実にシンプルな道具です。

  • 2008/02/05(火) 18:01:35 |
  • URL |
  • #Pys5QhoMな通りすがり #Pys5QhoM
  • [ 編集 ]

いらっしゃいませ!

「通りすがり」殿
コメントありがとうございます。
んでもってすばらしい情報提供ありがとうございました。

写真でよくわかりました。なるほど、いい代物ですね。いやはや‘よさげ’です。
当方も吸盤を使っていまして、大中小色々なサイズをそろえたんですが、めっきり使ってません。。。所詮「手の力」のみなので、またテーブル上から上に引くには高さ的に力が入りずらいです。
これならテコの原理でうまく力がかかりそうですね。以前、リフトマグネットチャックでクレーンを利用して引き上げようとしましたが、テーブルごと持って行かれそうになりやめました。まぬけでしたホント(笑)

使用上でのメリットデメリットなど教えていただければ幸いです。

情報提供うれしいですが、それと同じく書き込みいただけてうれしいです。今後もお立ち寄りください!

  • 2008/02/06(水) 00:36:14 |
  • URL |
  • Dyshow #-
  • [ 編集 ]

掲示板移行に伴い・・・

上記URLとは別に↓に画像を置きました。
(需要があるかどうかは分かりませんが一応。。)
http://bbs8.fc2.com//bbs/img/_331200/331118/full/331118_1209556186.jpg

  • 2008/04/30(水) 20:50:11 |
  • URL |
  • 通りすがり #Pys5QhoM
  • [ 編集 ]

お気遣い感謝!

「通りすがり」殿
画像の移設・・・ありがとうございます。

訪問いただいているんですね。
情報発信少なくてすいません。

私も一日に2回ぐらい訪問はしているのですが、書き込んでいません。。。自分がお客さん状態で・・・ゴメンナサイ

掲示板のほうにもいらしていただいているようで・・・何かありましたら自由に書き込みください!

「火」をつけていただきたいくらいです(笑)

今後ともヨロシク!

追記:画像の品、同一品を作るべく資材は準備できているのですが、組立までいたっていません。完成の暁には画像アップします。

  • 2008/05/02(金) 00:00:07 |
  • URL |
  • Dyshow #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dyshow.blog5.fc2.com/tb.php/3-91870f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。