Dyshow blog (技術情報+ect!)

エンジニアとしての技術情報と、経営目線からの四方山話をお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

板厚公差

先日、sus304のt=15㍉の切り板を注文したところ、最小板厚14.1㍉という材料が入荷されました。
切り間違えかと思い、仕入れ先に問い合わせしてみたところ切り間違えではないという回答が返って来ました。


公表公差が±1.2㍉だったので、確かに仕入れ先の言っていることは分かるのですが、それって寸法指定する意味がないよね。15なのか14なのか16なのかどれも混在してしまうということ!
別の仕入れ先に確認してみたが、やはり同じ回答で、「一言言っていただければできるだけそれに近い物から切り出します」っていわれた。。。。

だったらうちの注文は全てそうしてくれってことなんだけど、それってどうなの?


今までそこまでひどい狂いにお目にかかっていなかったんだけど、何か注文しにくくなるよねぇ。。。

http://www.nagai-giken.com/snonfm15.html






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dyshow.blog5.fc2.com/tb.php/52-a6dc2bc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。